最安値価格 シャネル バッグ

最安値価格 シャネル バッグ シャネル 財布,シャネル 長財布,シャネル バッグ モナッシュマガジンの記事 プラット財団は公益信託として1978年にリチャード·プラット氏と彼の妻、ジャンヌ、によって設立されました。 その慈善努力が精神的健康と社会福祉に焦点を当てているが、財団は、モナッシュの主要な支持者であり続けている。 それは$ 25,000の値に工学部における奨学金の一連の資金を提供したときに、大学との関連では、1996年に始まった。 大学と財団のパートナーシップを強化、これは8年間続いた。 現在、財団はコミットされ、、450万ドルの値にモナッシュする誓約を完了する過程でありました。 その数字は、モナッシュ大学芸術センターとユダヤ文明と医学研究のモナッシュ研究所の研究のためのオーストラリアのセンターへの寄付のために100万ドルが含まれています。 財団の最大のメンタルヘルスプロジェクトの一つは、それが心理療法を通して青年の精神病の治療を扱うfiveyear、180万ドルの研究プロジェクトに資金を供給の終わりに近づいている精神科である。 これは、プロジェクトがメンタルヘルスにコミュニティのアプローチのギャップを埋めることが期待されています。 プラット財団最高経営責任者(CEO)氏はサムLipskiは、これが理由プラット家族寄付の例であると言います。 彼らは人々を助けるために、より良いとのために物事を変更するために与える。彼らは常にそれが支援を必要とする人に利益をもたらす方法で、最大限のリターンを得られます原因を探している、ミスターLipskiは言う。 プラット財団はまた、寛大にユダヤ人の文明の調査のためのオーストラリアのモナシュセンターでDarsheiniコミュニティ·ラーニング·プログラムをサポートしています。 プログラムはメルボルン渡る場所で中央教育コースから講師や学者が含まれます。 氏Lipskiプログラムをサポートするための基盤の決定は簡単だったと言います。 ユダヤ人の研究のために部門やセンターを持っている世界中の大学がたくさんあり​​ますが、我々はそのような革新的なプログラムを持っていることを知っているなし、彼らが一般社会に出て何をしているかを取る1はありません。 プラット財団は、それが高等教育を支援することが重要であると考えています。 我々は両方の発達senseweの大学とのパートナーシップは、それが完全に丸みと文明にする場合は、任意の社会は知識や開発を必要とするので、彼らは知識の意味でeconomyandの発展に不可欠であると思います私たちは価値モナッシュとの関係を参照してくださいと 継続的かつ継続的にそれを参照して、 ミスターLipskiは言う。 モナッシュ大学氏ロンフェアチャイルドで進歩のVicePresidentは、他の多くの人々や組織が同じように感じるように開始したいと考えている。 寄付は、それが競争力を維持するために必要な教育と研究のレベルを提供することができるという大学には本当に重要であると彼は言う。 過去の募金は、大学の多くは、それが将来的には絶対不可欠ですluxurynowとして見ているものだった。誰もが異なる優先順位を持っており、様々なレベルでの贈り物は、すべて評価されています。 氏はロバート·ウィルソン((W /学士)1971 BE)、モナッシュに与えるための家族の伝統です。 彼の父、ジャックは、1933年にウィルソントランスカンパニーを設立し、また、モナシュ大学初ViceChancellor、卿ルイマシソンの親友だった。 事業後ポートメルボルンからグレンウェイバリー、開発モナッシュと強いリンクに1969年に移った。 メルボルンの東部郊外に大学を確立することは非常に革命的であったと我々はここにビジネスを持っていたので、それは我々が連合を形成することを非常に論理的だったと、同社のマネージングディレクター氏はウィルソンは言う。 氏はジャック·ウィルソンは、モナッシュで電気工学科の作成に関与し、部門の研究室に機器を寄付しました。 1969年、彼は電気およびコンピュータシステムエンジニアリングのトップfinalyear学生を認識するためにウィルソントランスカンパニー賞を設立し、電気およびコンピュータシステムエンジニアリングのトップthirdyearの学生のためにジャック·ウィルソン賞。 賞品は、毎年授与され続けると、過去36年間で、賞金は41000ドルとなりました。 1972年にジャック·ウィルソン氏の死後、高電圧実験室は、部門に設立され、彼に因んで命名。 氏はロバート·ウィルソンのリーダーシップの下、ウィルソントランス社は、オーストラリアの電力業界の主要なプレーヤーとモナッシュ大学の重要なパートナーに成長しました。 昨年、同社は、電力変圧器の監視、診断および寿命管理のための大学のセンターでfiveyear研究プロジェクトを支援するモナッシュとの合弁事業に向けて30万ドル拠出した。 オーストラリアでは多くの電力用変圧器は、高齢化や交換コストが増加しているとして、上席研究員博士ヴァレリーダビドフ率いるセンターは、、彼らの寿命を延ばすの方法を模索している。 電気およびコンピュータシステム工学教授デイビッド·モルガンの部長は、それがミスターウィルソンと彼の会社のサポートなしでこのような研究に着手するのは難しいだろうと考えています。 ウィルソンのは卒業生や業界について大学の顧問の雇用主である、教授モーガン氏は述べています。 我々は、彼らがコースを教え、引き受けているために、それらを引き付けるために有意義な研究の機会を持つ人々を提供しなければならない、とロバートは、私たちがそれを行うに貢献しています。 ウィルソンさんは貢献についても同様に満足しています。 大学を支える、研究業界のニーズに対応されており、センターで実施されている研究は、グローバル電力業界での仕事をリードしていると彼は言う。 それは本当にエキサイティングだし、新たなレベルにモナッシュとの関係を取っている。 女史キャサリーンゴーラーは彼女が彼女の仕事を維持するために資格を得るために必要とされた1970年代のビクトリア朝の教育部の専門学校部門と教師の司書として働いていた。 夫と3人の子供とマウントウェイヴァリーに住んで、彼女はモナッシュパートタイムでの学士号に着手することにしました。 仕事と家庭生活との研究をジャグリングmatureageの学生として、キャスリーンは必死ですが楽しみとしてモナッシュで彼女の時間を記憶しています。 私は、アルバート·ランガーと抗議の時代にあった、と私は本当にそれを楽しんだと彼女は回想する。 彼女は55歳で1978年に卒業し、別の4年間働き続けた。 本や図書館の女史ゴーラーの愛は、彼女が彼女の寄付はほぼ1300ドルを合計すると、1985年以来毎年、モナッシュ大学の年次アピールを通して図書館基金に寄付見てきた。 彼女はそれがライブラリをサポートすることが重要であると考えています。 書籍とても高価であり、私は、彼らが完全にコンピュータ化された情報に置き換えることはできませんので、私のお金はそれらを購入に費やされている希望と彼女は言う。 本は、既存とライブラリで利用されて維持する必要があります 人気シャネル 2013 長財布 新作海外通販!日本正規シャネル 2013 財布本物店舗、いらっしゃい ませ!シャネル 財布,シャネル 2013長財布, シャネル バッグ 新作-低価格、最品質、良いサービス提供、しかも送料無料。